月別アーカイブ: 2019年7月

仙台市でヒゲ脱毛するなら皮膚科が良い?料金は高いけど医療保険はきくの?

小学生の頃から毛深いことをからかわれてきました。鼻の下のそれはひげに見えるほどでした。にもかかわらず、親は無駄毛の処理をすることを許さず、高校生の時、お風呂で隠れてしているところを押さえられ、色気づいて!とひどく怒られたのを覚えています。

男の子だったらまだしも、女の子にとって無駄毛は大きな問題です。私が本格的に無駄毛処理をするのようになったのは、社会人になって一人暮らしを始めてからです。何回かの失敗を経て、とあるメーカーの脱毛クリームが私にはとてもよく合って、5日に一度は必ずしていました。

おそらく私の場合は子供の頃のことがかなりトラウマになっています。脱毛クリームを使う間隔は、本当はもう少し間が開いても大丈夫だったと思いますが、せずにはいられませんでした。脱毛クリーム代は薄給の私には大きく、当時のことを振り返ると、よく頑張った私と思います。

今、私は40代です。これくらいになると、ほとんど無駄毛もなくなり、シェービングで十分対応できるようになりました。しかし、無駄毛の問題が我が家からなくなったわけではありません。私には10歳になる娘がいるのですが、彼女もまた私と同じ悩みを抱えています。

今から2年前、男の子から腕の無駄毛のことを指摘されて帰ってきました。その時、彼女と話しました。ママもそう言われて悲しい想いをしたことがあること、もう少し大きくなったら処理をするからねと話しました。そして、今年、ドレスを着る機会があったので、その時、初めて軽くシェービングをしました。娘は自分の腕を見て、こうなりたかったのと言っていました。それを受け、私は、大きくなったら自分でケアをするんだよ、でも、しばらくはママにさせてねと話しました。

おそらく、無駄毛の悩みは子供に受け継がれます。無駄毛の処理ができなかった子供時代は本当につらかったです。お子さんが悩みを抱えているようでしたら、すぐに処理を始めなくても良いので、対応していただけたらと思います。私のような思いをするお子さんが一人でも少なくなることを願って。

男性の場合は、大人になったら髭脱毛をするのが人間としてのたしなみとして広がるでしょうね。仙台で髭脱毛がお得な店
https://higedatsumo-sendai.com/